動脈硬化には、GABAという名前の、正式名称Y−アミノ酪酸と言った栄養素が効果的なのです。GABAはアミノ酸の一種であり、血管の収縮を緩和したり、血行を正常化する効果があって、さらに血中コレステロールの増加を抑制するリトル酸を多く含んでいるみたいです。また、GABAを摂取することで、血管を拡張し、血圧を下げる効果的だグルタミン酸を作ることができます。これらの作用が期待出来るGABAは、動脈硬化の予防に非常に効果が高いと考えられているのです。GABAは玄米や白米、ぬか漬けなどにたくさん含まれている他、酸素のない状態で置いておいた茶葉にもGABAが蓄積されいると言われており、近頃ではGABAを気軽に摂取できるギャバ茶なども発売されるようになってきていらっしゃるかもしれませんね。ギャバ茶は高血圧の人の血圧を下げることが出来るという臨床の結果があり、動脈硬化の予防や治療にも注目を集めています。GABAには、バソプレッシンと呼ばれている抗利尿ホルモンを抑える効果もあります。このバソプレッシンを抑制することで、腎臓の働きが活発化し、余分な塩分を排泄する事が出来るため、血圧を下げることができ、動脈硬化の予防みたいですよ。それに、GABAには血管を柔らかくする効果までありますね。年齢を重ねると血管の弾力を保つ力が落ちて血管が硬くなってしまい、動脈硬化になりやすくなるため、動脈硬化を進行させないためにもGABAの摂取を意識すると良いですよー